【中学理科】入試に出る指示薬のポイントと練習問題

スポンサーリンク

どの都道府県でも出題率が高いのが指示薬とその色の反応です。理科が苦手な人でも、ここは、おさえておきたいところです。最後は、穴埋めの問題形式もつけていますので、ぜひ完全解答を。できなかったところ、覚えきれていなかったところは、あいまいにせず、今のうちに覚えてしまいしょう。

指示薬のポイント

指示薬 酸性 中性 アルカリ性
リトマス紙 青色→赤色 変化なし 赤色→青色
BTB溶液 黄色 緑色 青色
フェノールフタレイン液 無色透明 無色透明 赤色
ムラサキキャベツ液 赤色 紫色 黄色

指示薬の練習問題

(   )に適当な色を書きなさい。

スポンサーリンク

BTB溶液

酸性で(①    )色、アルカリ性で(②     )色、中性で(③     )色に変色。酸・アルカリを調べるのに使う。

リトマス試験紙(リトマス紙)

同じく酸・アルカリの指示薬。酸性で(④   →   )、アルカリ性で(⑤   →    )

塩化コバルト紙

水の検出に利用。水に触れると(⑥   →    )

フェノールフタレイン溶液

アルカリの検出に利用。アルカリ性で(⑦   →    )

石灰水(水酸化カルシウム水溶液)

二酸化炭素の検出に利用。二酸化炭素で(⑧    )くにごる。

ヨウ素液(ヨウ素ヨウ化カリウム溶液)

でんぷんの検出に利用。でんぷんで(⑨    )色。

ベネジクト液

還元性の糖の検出。糖+加熱で主に(⑩     )色の沈殿。

酢酸カーミン溶液/酢酸オルセイン溶液

細胞の核や染色体を(⑪    )く染める。

指示薬の練習問題解答

①黄
②青
③緑
④青→赤
⑤赤→青
⑥青→うすい赤
⑦無色→赤
⑧白
⑨青むらさき
⑩赤かっ
⑪赤

スポンサーリンク
トップへ戻る