【中学理科】入試に出る化学反応式と電離式一覧(出る順)

スポンサーリンク

数ある化学反応式と電離式ですが、これだけはおさえておきたいということで、出題確率の高い6つの化学反応式と4つの電離式をまとめておきます。

出題確率の高い順(化学反応式)

まずは、化学反応式から

スポンサーリンク

鉄と硫黄の化合

  • Fe + S → FeS ( 鉄 + 硫黄 → 硫化鉄 )

水の電気分解

  • 2H O → 2H + O ( 水 → 水素 + 酸素 )

炭素(炭など)による酸化銅の還元

  • 2CuO + C → 2Cu + CO ( 酸化銅 + 炭素 → 銅 + 二酸化炭素 )

銅の酸化

  • 2Cu+ O → 2CuO ( 銅 + 酸素 → 酸化銅 )

マグネシウムの燃焼

  • 2Mg + O → 2MgO ( マグネシウム + 酸素 → 酸化マグネシウム )

酸化銀の分解

  • 2AgO → 4Ag + O ( 酸化銀 → 銀 + 酸素 )

出題確率の高い順(電離式)

つづいて電離式

塩酸の電離

  • HCl → H + Cl ( 塩酸 → 水素イオン + 塩化物イオン )

塩化銅水溶液の電離

  • CuCl → Cu2+ + 2Cl ( 塩化銅 →銅イオン+塩化物イオン )

水酸化ナトリウム水溶液の電離

  • NaOH → Na  + OH ( 水酸化ナトリウム →ナトリウムイオン+水酸化物イオン )

塩化ナトリウム水溶液の電離

  • NaCl → Na  + Cl ( 塩化ナトリウム → ナトリウムイオン + 塩化物イオン )

以上が、【高校入試対策・理科】入試に出る化学反応式と電離式となります。入試や実力テスト前には、毎回確認したいところです。

スポンサーリンク
トップへ戻る