【中2理科】血液の循環(肺循環と体循環)のポイントと練習問題

スポンサーリンク

人のからだについては、入試最頻出単元の1つです。確実に覚えておかないと、入試本番で、どっちだったかなあ?と頭を悩ますことになります。この単元は、難しいというより、紛らわしいという表現がぴったりな単元です。1つ1つ、きっちり覚えていきましょう。今回は、血液の循環についてです。

血液の循環おさえておくべき用語

<血液>

  • 動脈血… 酸素を多くふくんだ血液
  • 静脈血… 酸素が少なく、二酸化炭素を多くふくんだ血液

<血管>

  • 動脈… 心臓から出ていく血液が流れる血管
  • 静脈… 心臓へ帰ってくる血液が流れる血管

<その他重要用語>

  • 毛細血管 … 動脈と静脈をつなぐ、とても細い血管
  • 肺のはたらき … 酸素と二酸化炭素を交換し、不要な物資を体外に出すはたらき
  • 心臓のはたらき … からだ中に血液を循環させるポンプ
  • 左心室… 全身に血液を送るため筋肉が厚くなっている
  • 弁… 血液の逆流をふせいでいます。
スポンサーリンク

血液の流れ

血液の流れ

肺から酸素を取りいれたあと、左の図よりイ→ウ→エ→アと血液は流れていきます。

上の用語を参考に

イは、肺静脈(肺から心臓に帰る)で動脈血(空気を吸った直後で酸素が多い)となります。※最も酸素がおおい。
ウは、大動脈で動脈血
エは、大静脈で静脈血
アは、肺静脈で静脈血 ※二酸化炭素がもっとも多い。

血液の循環の練習問題

(1)左右の心室の血液の入り口と出口に弁があるのはなぜか、『血液』という語句を使ってかけ。
(2)毛細血管のはたらきを簡潔にかけ。
(3)左心室の筋肉が厚くなっている理由を簡潔にかけ。
(4)ヒトは、からだにとりこまれた酸素を、主にどのように利用しているか。『養分』という語句を使ってかけ。
(5)魚類は、水に溶けている酸素を何という部分で血液にとりこんでいるか。
(6)血液にとりこまれた酸素は、血液中の赤血球にふくまれている物質と結合してからだの細胞にふくまれる。その物資名を答えよ。
(7)肺に多くの肺胞が集まっている理由を簡潔にかけ。

血液の循環の練習問題解答

(1)血液が逆流しないように。
(2)細胞と物質のやりとりを行う。
(3)全身に血液を送るため
(4)養分からエネルギーを取り出す
(5)えら
(6)ヘモグロビン
(7)表面積を広げて物質を効率よく交換するため
【7の補足】両生類<ハチュウ類<ホニュウ類につれて表面積は大きくなっている。(肺胞の数が多く、構造が複雑)

スポンサーリンク
トップへ戻る