【中2理科】炭酸水素ナトリウムの熱分解

化学分野の実験は、実験前と実験後の違いが入試では狙われます。今回は、炭酸水素ナトリウムの熱分解についてのそれを復習します。

炭酸水素ナトリウムの熱分解の実験

なぜ熱分解の実験に、炭酸水素ナトリウムが使われるのかですが、ペーキングパウダーなどに使われ、身近なもので、加熱によって、簡単に熱分解をするからです。

炭酸水素ナトリウム → 炭酸ナトリウム + 水 + 二酸化炭素 に分解されます。
  (白色)       (白色)

スポンサーリンク

炭酸水素ナトリウムの熱分解の実験前と実験後の違い

水への溶け方

実験前:少しとける。
実験後:よく溶ける。

水溶液の性質

実験前:弱いアルカリ性で、フェノールフタレイン溶液はうすい赤色に変化
実験後:強いアルカリ性で、フェノールフタレイン溶液は濃い赤色に変化

水が付着したことの確認

塩化コバルト紙(青色)につけると赤色(桃色)に変化する。

二酸化炭素が発生したことの確認

石灰水を入れて振ると白くにごる

炭酸水素ナトリウムの熱分解の実験での注意事項

炭酸水素ナトリウム


(1)試験管の口を底より少し下げて加熱する。
  (理由)発生した液体が加熱部に流れこまないようにするため。

(2)加熱をやめる前に、ガラス管を水そうからぬく。
  (理由)石灰水が逆流して、試験管に流れこまないようにするため。

(1)(2)ともに、加熱された試験管が急に冷えて割れるの防ぐことにつながります。

炭酸水素ナトリウムの熱分解 基本問題

炭酸水素ナトリウム


図のように試験管の中に炭酸水素ナトリウムを入れ、しばらく加熱したところ、試験管の中には固体Aが残り、試験管の口もとには液体Bがたまり、 水の中には気体Cが発生し泡を立てていた。次の問いに答えなさい。
(1)固体Aの物質名を答えよ。
(2)液体Bの名称を答えよ。
(3)気体Cの物質名を答えなさい。 
(4)液体Bを塩化コバルト紙につけたときの色の変化は、何色から何色になるか答えなさい。 

炭酸水素ナトリウムの熱分解 解答

(1)炭酸ナトリウム 
(2)水 
(3)二酸化炭素 
(4)青→赤