【中1理科】被子植物のポイント

スポンサーリンク

種子植物のなかまやつくりに、はたらき。今回は、その中でも被子植物についての復習です。この単元は、中学3年生では、成長やなかまの増やし方などでふたたび出てくるところなどで定期的な復習が必要な単元の1つです。入試では、中学3年生の成長となかまの増やし方と絡めて出題されることが多いです。

被子植物

種子植物の一種で、胚珠が子房の中にある植物です。代表的なものは、アブラナ、エンドウ、サクラなど。

種子植物
種子とは種のことで、種子をつくってなかまをふやす植物を種子植物といいます。種子ができる前には必ず花が咲きます。
スポンサーリンク

花のつくり

hana

被子植物の花のつくりは、内側から「めしべ」→「おしべ」→「花弁(かべん)」→「がく」になります。胚珠が子房に包まれていることによって、乾燥から種子を守ることができるので、比較的乾燥した場所でも生育できるように進化した植物です。

花のつくりの用語

  • めしべ…めしべは花の中心にあり、普通、1つの花に1本しかありません。
  • 柱頭…めしべの先端にあり、花粉がくっつきやすいようにねばねばしています。
  • 子房…めしべの根元のほうは膨らんでいる部分。
  • 胚珠…子房の中にあり、将来種子になります。
  • おしべ…普通5本~10本ある植物が多いです。ちなみによく入試に出るアブラナは、6本です。
  • がく…花のつくりのいちばん外側にあるつくりで、花を保護するはたらき。

やく

おしべの先端にあり、ここで花粉がつくられています。つくられた花粉は虫や鳥、または風などによってめしべの柱頭に付けられます。虫によって受粉する花を「虫媒花(ちゅうばいか)」、風によって受粉する花を「風媒花(ふうばいか)」といいます。

花弁

花の中で一番あざやかな部分で、虫や動物を引き寄せるために色鮮やかになっています。ということは、きれいな花を咲かせる植物は虫媒花であるといえます。花弁の枚数は種類によって決まっていて、花弁が1枚1枚離れている「離弁花」と、花弁が1つにくっついている「合弁花」があります。

受粉

花粉が柱頭に付くこと。受粉が行われると、子房が大きく膨らみ果実に成長し、子房の中にあった胚珠は種子に成長します。

スポンサーリンク
トップへ戻る