【中3理科】生命の連続性(細胞分裂と生殖)のポイントと練習問題

スポンサーリンク

生命の連続性

生命の連続性について、細胞分裂と生殖の観点から学んでいきます。

スポンサーリンク

細胞分裂

1つの細胞が分かれて、2つの細胞になることを細胞分裂といいます。また、生物が成長するときに行われる細胞分裂を特に、体細胞分裂といいます。

体細胞分裂の過程

(1)核に染色体が現れる
(2)染色体が縦に分かれる
(3)植物細胞には、しきり、動物細胞には、くびれができる。
※生殖細胞(植物の精細胞や卵細胞、動物の精子や卵)が作られるときに、染色体が半分になる減数分裂が行われています。染色体の数が半分になって生殖細胞どうしが受精し、染色体が対になるので、子の染色体の数は、親の染色体の数と同じ数になります。
(4)2個の若い細胞になる。
(5)それぞれもとの大きさにまで大きくなる。

成長のしくみ

細胞分裂によって、細胞の数がふえることふえた細胞がもの大きさまで大きくなることを繰り返して全体として成長していきます。

生殖

生物が自分と同じなかまをつくり、なかまをふやすことを生殖といいます。

  • 雄と雌がかかわってなかまをふやす生殖を有性生殖という。
  • 生物が雄雌に関係なく、自分自身の細胞だけなかまをふやす生殖を無性生殖という。無性生殖には、分裂、出芽、栄養生殖などがあります。

<例>

  • 分裂…アメ-バ、ミカヅキモ、ゾウリムシなど
  • 出芽…コウボキン、ヒドラなど
  • 栄養生殖…ジャガイモ(地下茎)、セイロンベンケイソウ(葉)、オニユリ(むかご)、チューリップ(球根)など
    ※ジャガイモなどは、有性生殖もしますね。

動物の有性生殖

雄の精巣でつくられた精子と雌の卵巣でつくられた卵が合体することを受精といい、受精卵ができる。受精後は、受精卵は胚(自分でえさをとるようになるまでの時期)になり、やがて動物そのものになります。受精卵が細胞分裂を繰り返しながら、おとなのからだになっていく過程を発生といいます。

被子植物の有性生殖

生命の連続性の練習問題

下図はカエルの受精卵が成体になるまでを表したものである。以下の問いに答えなさい。
細胞分裂
(1)A~Eを正しい順番に並び替えなさい。

(2)受精卵から成体になるまでの過程を何というか。

(3)カエルの受精卵から大人になるまでに胚とよばれる子の期間がある。この胚とはいつまでの期間をいうか。正しく述べている文を下から1つ選んで記号で答えなさい。
ア.体の形ができるまで。 イ.自分で動き始めるまで ウ.自分でエサをとり始めるまで。

(4)カエルのような両生類は幼生から成体になるまでにいろいろな変化がある。呼吸法につい
てはどのような変化をするか、簡単に答えなさい。

生命の連続性の練習問題解答

(1)C→B→E→D→A
(2)発生
(3)ウ
(4)えら呼吸から肺呼吸に変わる

スポンサーリンク
トップへ戻る