【中2理科】クルックス管の実験と静電気について

スポンサーリンク

クルックス管の実験と静電気についてまとめています。キーワードがたくさん出てきますので、1つずつおさえていきましょう。まずは、静電気についてです。

静電気

静電気は、2種類の物質を摩擦することによって生じる電気である。
(例)電気の乾燥した日に、ドアノブにふれるとパチッと音がする。

スポンサーリンク

静電気の種類

  • 静電気の+と-の二種類がある.
  • 同じ種類の電気どうしでは反発する力がはたらき、違う種類の電気どうしでは引き合う力がはたらく。

静電気が生じる原因

物質の中にある-の電気を持つ小さな粒(電子)が、一方の物体からもう一方の物体へ移動するため生じる。

静電気と電流

乾いたセーターなどで摩擦したプラスチックの下じきにネオン管を近づけると、一瞬ネオン管が点灯する。これは、下じきにたまっていた静電気がネオン管に流れたためである。この電気の流れが電流である。

電流と電子

放電は、たまっていた電気が流れ出したり、空気中に電流が流れる現象。

  • 火花放電…雷のように、空気の中を電流が流れる現象
  • 真空放電…圧力が小さな空気中に電流が流れる現象

電子線

  • 陰極線…クルックス管(ガラス管内の空気を真空放電のときよりもぬいた器具)の電極に電圧をかけて電流を流したとき、-極から+極の向かってまっすぐに飛んでくる何か。
  • 極線は電子の流れで、現在では陰極線のことを電子線という。
  • 電子…の電気をもつ小さな粒。

電圧を大きくするために、誘導コイルを使用するときが多いです。

<電子線の特徴>

  • 電子線は、直進する
  • 電子線は、-極から出て+極に向かう。
  • 電子線は、電極版の+極側に曲がる。
  • 電子線は、磁石によっても曲げられる

電子の流れと電流

金属線に電圧かけるとの電気を持つ電子は、電池の極から+極の向きに動く。そのため、電流が流れる。電流の向きと電子の向き動く方向は逆になっている。

スポンサーリンク
トップへ戻る