【中2理科】乾湿計・湿度表の読み取り

スポンサーリンク

気象の観測について学んでいきます。中でも、乾湿計の設置の仕方や湿度表の読み取りについては、しっかりおさえておきましょう。

気象観測

気象とは、大気中で起こるさまざまな自然現象のことで気象現象ともいいます。気象は様々な形で私たちの生活と社会活動に深く関わっていいます。

スポンサーリンク

気象観測の方法

雲量と天気は空全体10としたときの雲が占める割合で天気は調べます、天気は、雲量が0~1快晴、2~8は晴れ、9~10は曇りとなります。

気温の観測

気温地上約1.5m の高さで乾湿計の感温部に直接日光が当たらないようにして乾球で測ります。

乾湿計の設置の仕方

直接日光が当たらず、風通しのよいところに設置する。

乾球温度計の示度と湿球温度計の示度に差が生じる理由

湿球温度計の感温部では、水が蒸発するときに熱をうばうため。

気圧

アネロイド気圧計などの気圧計で測定する。単位はヘクトパスカルを用いる。1気圧は1013 hpa

風向

風の吹いてる方向16方位で表します。例えば、北東の風とは北東から南西に向かって吹く風となります。

風力

風の強さは、風力階級0から12の13段階で表す。数字が大きいほど強い風です。

アメダス

地域気象観測システムの略称で、無人の観測所が全国に約1300ヵ所にあります。

湿度表の読み取り

以下の問いを使ってみてみましょう。
(問い)乾球の示度22℃、湿球の示度17℃のときの気温と湿度を求めよ。
湿度表

(答え)
気温は、22℃になります。乾球温度計の示度で表されている数字です。湿度は、乾球-湿球の示度の差を求めます。(22-17=5)それから、22℃と差5℃が表のようにクロスした数字が58なので、58%が湿度となります。

スポンサーリンク
トップへ戻る