中学理科で使う実験器具一覧とその操作の仕方

スポンサーリンク

高校入試によく出題される実験器具とその使い方についてまとめています。必ず実験については出題されるわけですが、その中で、実験器具の名称や使い方、注意事項なども合わせて出題されることがほとんどです。今回の記事で、しっかりその実験器具の名称と使い方について復習しておきましょう。

高校入試に出る実験器具とその使い方

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

ルーペ

<使い方>ルーペを目の近くに近づけたら(眼鏡ぐらいの位置)、ルーペは動かしません。また、ピントがあわない場合などは、観察物を動かせる場合は対象物を動かします。観察物を動かせない場合には自分(観察者)が移動します。

<注意事項>目を傷めるので、決して太陽を見てはいけません。

プレパラート

<使い方>主に顕微鏡で観察するときに使用し、スライドガラスの上に、観察したい対象を乗せます。必要に応じて、対象物に水をスポイトなどで1滴たらして、水分を補います。

<注意事項>うすい物しか観察できません。

双眼実体顕微鏡

<使い方>

  • 水平で直接日光の当たらない場所に、顕微鏡を置く。
  • ペトリ皿などに観察したい物を乗せ、その皿をステージの上に置く。けっしてペトリ皿などを使わずに、直接は乗せてはいけません。
  • 観察者の両目の間隔に合わせられるように、接眼鏡筒が左右に動かせるようになっています。
    なので、取り付けた接眼レンズを使って両目でのぞきながら、接眼鏡筒を左右に動かして、調節します。
  • 視野やピントのおおよその調整をするため、鏡筒を支えながら粗動ねじをゆるめて、取り付けた接眼レンズで両目でのぞきながら、鏡筒を上下して、視野やピントなどの、おおよその調整を行います。
  • 最初に右目でピントの調整を行うため、調整ねじ(「調節ねじ」とも言う)をゆっくり回して、右目で見えるピントを合わせます。
  • 次に左目でピントを合わせるため、左目側の接眼鏡筒に付いている視度調節リングをゆっくり回して、左目で見えるピントを合わせるます(右目側の接眼鏡筒には、視度調節リングは付いていないのが一般です。)

<注意事項>双眼実体顕微鏡は、観察する物をプレパラートにする必要がありません。

電子てんびんと上皿てんびん

【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方
【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方です。電子てんびんと上皿てんびんの2種類のてんびんがあります。てんびんの使い方の問題は、単独で...

メスシリンダー

【中学理科】メスシリンダーの使い方のポイント
【中1理科】メスシリンダーの使い方です。メスシリンダーについても、定期テストで試験範囲なっていれば、出題されることは間違いありませんし、中学...

ガスバーナー

【中1理科】ガスバーナーの使い方のポイント
今回の実験器具の使い方。定期テストにおいては、試験範囲になっていれば必ず出題されます。今回は、ガスバーナーです。最も出題される実験器具の1つ...

ヒトの肺のモデル装置

【中2理科】(呼吸)ヒトの肺のモデル装置のポイント
今回は、呼吸についてまとめています。 呼吸のポイント (1)呼吸運動 肺には、筋肉がないので、横隔膜(おうかくまく)やろっ骨を動かす筋...

乾湿計

【中2理科】乾湿計・湿度表の読み取り
気象の観測について学んでいきます。中でも、乾湿計の設置の仕方や湿度表の読み取りについては、しっかりおさえておきましょう。 気象観測 気象...

フラスコ

【中2理科】雲のでき方・フラスコを雲をつくる実験のポイント
高校入試よく出題される実験の中でも、頻出のの雲のでき方の事件(フラスコ実験)についてです。しっかり、実験の手順や結果についておさえておきまし...

ボーリング(調査方法)

【中1理科】地層と化石についてのポイントと練習問題
今回は、地層のでき方とその調査についてまとめています。 地層のでき方 流水により運搬された土砂は、海底や湖底などに堆積して地層をつくりま...

名称だけは知っておきたい実験器具

乳鉢と乳棒

乳鉢は、固体をすりつぶしたり、混合したりするための鉢
乳棒は、乳鉢とともに使用し、固体をすりつぶしたり、混合したりするための棒

<注意事項>試料が衝撃や摩擦によって、発火や爆発しないかどうか事前に確認する必要があります。

ペトリ皿

皿と蓋が組になった円筒状の浅い容器で、細菌の培養などに用いられます。

漏斗(ロート)

液体を口の細い容器に入れたり、濾過したりする際に用いる器具。

るつぼ

中に物質を入れて高温で加熱し、溶融・焙焼などを行うための耐熱性をもった器具。るつぼを持つための、るつぼばさみもあります。

薬包紙

粉末を包むのに用いられる紙です。試薬を載せて重さを量る場合などに用いられます。

ピンチコック

ピンチコックは、ゴム管などの弾力のある管を挟んで、管の中を通る流体の出入りを遮断するものです。

試験管

薬品を混合して化学反応を起こしたり、加熱・冷却したり、試験管内部の変化の様子を観察するなど、様々な実験に用いられます。

<注意事項>

  • 固体を加熱する際は、試験管の口を底よりもやや下げます。
  • 試験管の口を人がいる方向に向けない(突沸や爆発した際に内容物が飛ぶ可能性があり、危険)。
  • 液体を加熱する際は突沸を防ぐため、沸騰石を入れ、軽くかき混ぜながら行います。
  • 木製の試験管ばさみを使う際は、開いた部分を持たないようにする(つい力が入って、試験管を落としてしまう)。
  • 試験管ブラシで洗う際は、底が抜けるのを防ぐため、底を人差し指で押さえます。また、底に強い力を加えません。
スポンサーリンク
トップへ戻る