【中1数学】最頻値を求める練習問題

スポンサーリンク

最頻値について学びます。最頻値(モード)は、資料の値の中で、もっとも多く現れる値のことをいいます。ポイントは、階級に14以上~20未満などのように幅があるときは、度数分布表では各階級の真ん中の値(=階級値)で答えます。14以上~20未満の階級値は、(14+20)/2で17ということになります。

最頻値の練習問題その1

次のような、あるクラスのグループ7人の50m走の記録です。最頻値を求めてみましょう。

階級(秒) 度数(人)
6.0以上~6.4未満 1
6.4~6.8 2
6.8~7.2 2
7.2~7.6 4
7.6~8.0 5
8.0~8.4 3
8.4~8.8 1
スポンサーリンク

最頻値の練習問題その1解答

表から7.6秒以上8.2秒未満の5がもっとも多いので、その階級値の「7.9秒」が答えとなります。

最頻値の練習問題その2

次のような、あるクラスのグループ8人の10点満点の小テストの記録です。8人の記録の最頻値を求めてみましょう。

生徒名 得点
いち 7
6
さん 8
よん 7
9
ろく 7
なな 10
はち 8

最頻値の練習問題その2解答

表から7点が一番多いので、「7点」が答えです。

スポンサーリンク
トップへ戻る