【中2理科】セキツイ動物のなかま(分類)とその特徴

スポンサーリンク

今回は、セキツイ動物のなかまとその特徴についてまとめています。しっかりと覚えて、得点源していきましょう。

セキツイ動物のなかま

動物は、背骨のあるセキツイ動物と、背骨のない無セキツイ動物に分けられます。セキツイ動物は、魚類、両生類、ハチュウ類、鳥類、ホニュウ類の5つに分けられます。

スポンサーリンク

セキツイ動物の特徴

子孫の残し方、卵が育つ場所、子の育ち方、呼吸の仕方、体の表面のようす、体温の保ち方などにそれぞれ特徴があり、分類ができます。

魚類

コイ、サケ、マグロなどがそれにあたりますが、子孫の残し方は、卵生で卵は水中に産み出され、水中で受精します。卵は、水中で育ち、水中で卵がかえります。子の育ち方は、自分で食物をとります。呼吸は、えら呼吸で、体の表面は、うろこでおおわれています。体温の保ち方は、変温動物になります。

両生類

イモリ、サンショウウオなどがそれにあたり、子孫の残し方は、卵生で寒天のようなもので包まれた卵が水中に産み出され、水中で受精します。水中で育ち、水中で卵からかえりいます。子の育ち方は、自分で食物をとります。呼吸の仕方は、子はえら呼吸と皮ふ呼吸で、おとなになると肺呼吸と皮ふ呼吸になります。体の表面は、しめっていてうろこはありません。体温の保ち方は、変温動物になります。

ハチュウ類

カメ、ヘビ、ワニ、ヤモリなどがそれにあたりますが、子孫の残し方は、卵生で雌の体内で受精し、殻のある卵が陸上に産み出されます。陸上で卵からかえり、普通、親は子の世話をせず、自分で食物をとります。呼吸は、肺呼吸で、体の表面は、かたいうろこでおおわれています。体温の保ち方は、変温動物になります。

鳥類

ダチョウ、タカ、ペンギンなどがそれにあたりますが、子孫の残し方は、卵生で雌の体内で受精し、殻のある卵が陸上に産み出されます。陸上で親が卵をあたためてかえします。子は、親から食物をあたえられて育ちます。呼吸は肺呼吸で、体の表面は、羽毛でおおわれています。体温の保ち方は、恒温動物になります。

ホニュウ類

クジラ、キツネ、コウモリなどそれにあたりますが、子孫の残し方は胎生で卵は雌の体内で受精し、子は陸上で生まれます。雌の子宮の中で養分をもらって育ちます。子は、雌の親が出す養分をもらって育ちます。呼吸は肺呼吸で、体の表面は、ふつうやわらかい毛でおおわれていおり、体温の保ち方は、恒温動物になります。

  • 変温動物…外界の温度が変わるにつれて体温が変わる動物。(魚類・両生類・ハチュウ類)
  • 恒温動物…外界の温度が変わっても体温が一定に保たれる動物。(鳥類・ホニュウ類)

まとめ

表にしてまとめると以下のようになります。

魚類 両生類 ハチュウ類 ホニュウ類 鳥類
呼吸 えら 子:えら・親:肺
体面 うろこ しめっている かたいうろこ やわらかい毛 羽毛
体温 変温 変温 恒温 恒温 恒温
受精 体外・体内 体外・体内 体内 体内 体内
子孫 卵生 卵生 卵生 胎生 卵生

スポンサーリンク
トップへ戻る