【中2理科】セキツイ動物の進化の証拠のポイント

スポンサーリンク

セキツイ動物の進化とその証拠についてまとめています。ここでいう、進化とは、生物が長い時間をかけて、多くの代を重ねる間におこる変化です。

相同器官

相同器官
同じものから変化したと考えられる体の部分を相同器官です。その相同器官は、現在の形やはたらきは異なっていても、もとは同じであったと考えられる器官であり、ある生物が変化して別の生物が生じることを示す証拠の1つでもあります。

<例>

  • ヒトの手と腕
  • カエルとワニの前あし
  • 鳥類とコウモリの翼

など

スポンサーリンク

痕跡器官

相同器官のうち、ベビやクジラの後ろあしのように、働きを失って痕跡のみがある器官

セキツイ動物の進化の証拠

進化の過程

セキツイ動物の5つのグループは、魚類、両生類、ハチュウ類、ホニュウ類、鳥類の順になっています。

シソチョウの化石

シソチョウは、鳥類とハチュウ類の両方の特徴を持っています。このことから、シソチョウは、鳥類とハチュウ類の中間の生物とあれます。

シーラカンスのひれ

シーラカンスのひれには、セキツイ動物の前あしの相同器官と考えられる骨格があります。このことから、シーラカンスは、魚類から両生類などの陸上生活をする動物が進化する過程の初期段階の生物と考えられています。また、シーラカンスは、生きている化石とおも言われています。

共通の祖先

地球上のすべての生物は、共通の祖先から進化しました。その起源は、約40億年前であります。

スポンサーリンク
トップへ戻る