【中学歴史】近代の重要な出来事のまとめ

スポンサーリンク

入試において、今や近現代史は、100%出題されるといって過言ではありません。今回は、日本の近現代史をまとめていきたいと思います。

日本の近代史

それでは時系列でまとめていきます。

スポンサーリンク

フランス革命

1789年フランス革命がおこり、身分制度廃止など自由、平等を明記した人権宣言が出される。→1688年にはイギリスで名誉革命、1776年、アメリカ独立宣言など世界の変革期
確認【中学歴史】近代革命のまとめ

日米和親条約

1854年日米和親条約では、下田と函館を開港することを定めた。→1858年には、日米修好通商条約。領事裁判権を認め、関税自主権のない不平等条約となりました。
参考【中学歴史】不平等条約

大政奉還

1867年大政奉還により、江戸幕府の滅亡。時の15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返還。→1858日米修好通商条約~1860桜田門外の変~1866薩長同盟~1867大政奉還の流れも押さえておきましょう。
参考【江戸後期】ペリー来航から幕末の大政奉還までの流れ

明治の文明開化

不平等条約の改定を実現するため、鹿鳴館で舞踏会が行われるなど欧化政策がとられた。
参考【中学歴史】明治維新の三大改革
参考【中学歴史】明治文化(文明開化)

日清戦争

1894年の日清戦争の賠償金の1部を使い、北九州に官営の八幡製鉄所を建設

  • 1894日清戦争~下関条約→八幡製鉄所、遼東半島
  • 1904日露戦争~ポ-ツマス条約→日比谷焼き討ち事件、韓国併合 はセットで押させておこう。

参考【高校入試・社会】入試に出る日中関係史

第一次世界大戦

1914年第一次世界大戦→日本は、日英同盟を理由に、アメリカ側の連合国として参戦し、勝利。さらに、1915年は、中国での利権拡大のために、二十一か条の要求を中国に認めさせた。日本の軍事力を背景に、半ば強引に認めさせるという要求。
参考【中学社会】大正デモクラシー

米騒動

1918年米騒動後、日本で初めての本格的政党内閣を組織した立憲政友会の原敬
参考【高校入試・社会】入試によく出題される内閣総理大臣のまとめ

普通選挙権

1925年25歳以上のすべての男子に選挙権を与えられた。また同年、普通選挙法の導入で社会主義運動が広まることを警戒して、治安維持法が制定された。
確認【中学公民】政治と選挙制度

世界恐慌

1929年世界恐慌→アメリカは、ニューディール政策、イギリス・フランスは、ブロック経済で恐慌を打開。(ニューディール政策)ダム建設など公共事業を打ち出すことで、失業者を職につけて働けるようにし好景気につなげようとした政策
参考【中学歴史】世界恐慌(ニューディールとブロック経済)

満州事変

1931年日本軍が満州を占領し、翌年、満州国を建国→1933年 国連が満州からの撤退を勧告したため、それを不服として国連を脱退
参考【中学歴史】日中戦争とその前後の出来事

サンフランシスコ平和条約

1951年アメリカとサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約を結ぶ
参考【中学歴史】戦後の日本と世界

ポツダム宣言受諾

1945年ポツダム宣言を受諾
参考【中学歴史】戦後の日本と世界(GHQの民主化政策・冷戦など)

スポンサーリンク
トップへ戻る