【中学公民】労働三法と労働問題・権利

スポンサーリンク

労働三法と労働問題・権利についてまとめています。労働とは、陳便をもらい収入を得ることのほか、自分の理想などの実現や社会の役割分担への参加をいいます。それでは、【中学公民】労働三法と労働問題・権利をみていきましょう。

労働者の権利

労働者の団結(労働組合を結成)し、労働条件の改善を要求できます。これは、憲法や法律で保障されています。

スポンサーリンク

労働三法

  • 労働基準法…労働条件の最低基準が定められています。
  • 労働組合法…労働者の団結する権利を保障しています。
  • 労働関係調整法…労働者と使用者の紛争の解決をはかります。

<労働基準法の例>

  • 労働者と使用者対等
  • 男女同一賃金
  • 労働時間は週40時間
  • 1日8時間以内
  • 少なくとも週1日の休日 など

この法律の基準以下で働かせた使用者には、罰則が適用されます。

労働条件の改善

労働時間の短縮やワーク・ライフ・バランスの実現。労働のあり方として、定年まで同じ会社につとめつづける終身雇用や勤続年数に応じで賃金があがる年功序列賃金から、能力主義、成果主義に変化しています。

日本の労働問題

  • 非正規労働者(アルバイト・パート・派遣労働者・契約労働者)の割合がおよそ4割に達しています。
  • 外国人労働者は、100万に達したが、その多くの人の働く環境が劣悪である。日本は、今後、少子高齢化などで労働者が減少していく中で、どう受け入れ、また制限するのかの選択も迫られています。
  • 過労死などの労働災害を防ぐことも課題です。

女性の労働問題

  • 独身世帯が増え最近は改善しつつあるものの日本人女性は、30代において働く女性の割合が低くなり、グラフにするとM字型のグラフになる。それは、子育てのためいったん仕事をやめ、その後、再就職する人が多い
  • 女性(男女老人も含むが)は、給与などの待遇で不当に扱われるケ-スが残っている。

東京一極集中問題

  • 東京に、モノ・人(労働者など)・サービスが集中し、他の地域でその歪みが生じている。
  • ドーナツ化現象。関東圏では、東京へ、その近郊の県から通勤・通学で人が集まり昼間の人口は過密になる。このことから東京は地方税収入が多くなり、地方はますます疲弊する。

跡継ぎ問題

第三次産業の就業者が増え、第一次産業の就業者の割合が低くなり、第一次産業の跡継ぎ問題が生じている。特に、京都や沖縄では、観光業に力を入れ、第三次産業の割合が非常に高くなっている。

以上が、【中学公民】労働三法と労働問題・権利となります。このあたりの問題は、日々のニュースでも頻繁に語られることです。公民は、他の単元やテーマでも同じことが言えます。ニュースを毎日視聴することで、その解説や意見に敏感になっておきましょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る