【中学地理】ヨーロッパ州のポイントと練習問題

スポンサーリンク

最近の入試では、世界地理については、ある国や州・大陸を詳細に問われるというよりは、世界全体の中での、国や州・大陸について問われます。

ヨーロッパ州のポイント

社会が苦手な人でも最低限おさえておくべきヨーロッパについてまとめました。

スポンサーリンク

ヨーロッパ州の地形

ヨーロッパは、ユーラシア大陸の西に位置する。西は大西洋、南は地中海、北は北極海に面する。

  • 北部…スカンディナビア半島にフィヨルドが発達。
  • 中央部…フランス平原、北ドイツ平原などなだらかな平原をライン川、ドナウ川といった国際河川が流れる。
  • 南部…高く険しいアルプス山脈、ピレネー山脈が連なる
  • 国際河川…条約によってすべての国に航行の自由が認められている。

ヨーロッパ州の気候

温帯が広がる北部や内陸部は冷帯(亜寒帯)

  • 北西部…沿岸を流れる暖流の北大西洋海流と偏西風の影響で高緯度のわりには温暖な西岸海洋性気候。
  • 南部…地中海沿岸(ギリシャ、イタリア、フランス、スぺインなど)は、夏は高温で乾燥し、冬にやや降水量が多い地中海性気候。
  • 高緯度な内陸部・スカンディナビア半島北部…針葉樹林タイガが広がる熱帯亜寒帯気候。寒冷で夏が短い。
  • 偏西風…一年中西から東に向かって吹く。

ヨーロッパ州の民族と宗教

宗教はキリスト教が中心。多くの地域で信仰。人々の生活に根付いている。3つの宗派(カトリック、プロテスタント、正教会)に分けられる。

  • ラテン系民族…南部に分布。カトリックが多い
  • ゲルマン系民族…北部・西部に分布。プロテスタントが多い。
  • スラブ系民族…東部に分布。正教会が多い。
  • 独自の言語(ゲルマン系、ラテン系、スラブ系)、民族、宗教を中心に国が成り立っている。

ヨーロッパ州の農業

自然・環境に合わせて、産業発達している。EUでは、フランスが最大の農業国で小麦の生産量・輸出量は世界有数。

  • 混合農業…北部・西部では穀物・飼料作物の栽培と家畜の飼育を組み合わせた混合農業が発達。
  • 地中海式農業…地中海沿岸では夏はオリーブ、ぶどうなどの果樹。冬は小麦を栽培する地中海式農業を行う。特に、イタリアのぶどう、オリーブは世界有数の生産。
  • 酪農…デンマーク、オランダで乳牛を飼育し、バターやチーズを生産する。

ヨーロッパ州の工業

イギリスで産業革命(首都ロンドンは、2016年時点でニューヨークを上回る世界一の金融センター)が始まる。現在、工業の中心は臨海部。ドイツは、EU最大の工業国で、内陸部から臨海部に工業の中心が移動。鉄鋼業・化学工業・自動車工業が発達。ルール炭田とライン川の水運を元にルール工業地域が発展。

EU(ヨーロッパ連合)

EU(ヨーロッパ連合)…1958年EEC発足。1993年にEUに。本部はベルギーのブリュッセル。課題として、東ヨーロッパ諸国への日系企業も進出するも、西ヨ-ロッパ諸国との経済格差を抱えている。
確認【入試対策】中高生にもわかる英国EU離脱問題。

EUの政策

  • 人・もの・資本の移動の自由化、貿易の自由化。
  • 製品の規格や仕事の資格の共通化

ユーロ

共通通貨であるユーロを1999年から導入。2002年一般に流通。2011年11月現在EU加盟国のうち17国が導入。

ヨーロッパ州の練習問題

【問1】問題形式にしています。(   )に適語を入れましょう。解答は、下にあります。
欧州地図左のヨーロッパの地図を見てみると、地中海付近を北緯40度の緯線が通っている。これは日本でいうと(①     )県と(②     )県を通っており、ヨーロッパが比較的高緯度にあることがわかる。それにもかかわらずイギリスやフランス、ドイツなどヨーロッパの西側で緯度が高いわりに気温が低くないのは、大西洋を北上する暖流があるからである。この暖流を(③       )海流と呼び、上空の暖かい空気を(④       )が運んでくるので上のような気候になる。このような気候を(⑤        )気候という。また、地中海沿岸の気候を(⑥    )気候と呼び(⑦      )ので耐乾性のあるオリーブやブドウなどの生産が盛んである。

【問2】下の地図はヨーロッパの一部を示している。①~⑤までの国名と首都名を答えなさい。
欧州地図2

ヨーロッパ州の解答

【問1】

  1. 秋田
  2. 岩手 1と2は順不同
  3. 北大西洋
  4. 偏西風
  5. 西岸海洋性
  6. 地中海性
  7. 夏に乾燥する

【問2】

  1. イギリス ロンドン
  2. フランス パリ
  3. ドイツ ベルリン
  4. イタリア ローマ
  5. スペイン マドリード
スポンサーリンク
トップへ戻る