【中学公民】市場経済と価格の働き

スポンサーリンク

【中学公民】市場経済と価格の働きについてまとめています。市場と歯、商品が売り買いされる場です。たとえば。野菜市場や原油市場など、さまざまな市場があります。それでは、【中学公民】市場経済と価格の働きをみていきましょう。

市場経済

市場(商品・サービスが売り買いされる場)が、社会のすみずみにまで張り巡らされている経済のことを市場経済といいます。

スポンサーリンク

需要と供給

よく出題される図の需要・供給・均衡価格の関係を示すグラフです。実践問題を踏まえながら、最後の確認をしておきましょう。一般的に、商品の価格は市場で需要量が供給量を上回れば上昇し、供給量が需要量を上回れば下落する。商品の価格は需要量と供給量の関係で変化します。

  • 需要量…消費者が価格を見て買おうとする量(消費者が買ってもいい量)
  • 供給量…生産者が価格を見て売ろうとする量(売り手が売ってもいい量)
  • 均衡価格…市場で需要量と供給量を一致させる(した)価格

価格の働き

価格は、商品を購入する際に支払う金額を示すものです。市場では。市場価格の上下で、商品の生産量が変化します。生産資源として、労働力、土地、資金など価格が上がり下がりすることによって調節され、効率的に利用されます。

  • 寡占…少数の大企業が生産や販売市場を支配している状態。
  • 独占価格…少数の企業が足並みをそろえて決める価格。
  • 独占禁止法…競争を促す。独占禁止法の番人と呼ばれる公正取引委員会が運用。公正取引委員会が運用しています。
  • 公共料金…国民生活に与える影響の大きい電気・ガス・水道・鉄道などのサービス料金。

市場の独占

少数の企業によって、市場が支配される状態のこと。商品の価格が下がりにくくなり、高い商品を買わされるという消費者に不利益が被る。(実際は、そうではないのですが、独占するまでの間に、すでに価格下がっていることも多く、過当競争になればデフレになり、リストラがおき、負のスパイラルに陥ります。

教科書に書いてあるように経済は、単純でありません。本質は、規制の在り方なんですね。どこに、どう規制をするかが問題なのですが、本質が少しズレています。今の家電業界がいい例です。企業が多くなりすぎたために、軒並み、苦境に立たされています。しかしながら、そういうことは、入試で問われませんので、教科書通り記述することが大事です。)

記述問題

  1. 独占禁止法の目的について、「企業の競争」「消費者の利益」の二つの語句を使って書け。
  2. 大型安売り店やスーパーマーケットでは、商品を安く購入することができる。その理由を、生産された商品が消費者に届くまでの経路の面から書け。

記述問題 解答

  1. 企業の競争を促進し、消費者の利益を確保するため。
  2. 商品を仕入れる経路を簡略化することにより、費用が節約できるため。

価格の働きについての実践問題

(   )に当てはまる適語を答えよ。

  • (ア    )量…買い手(消費者)が欲しがっている量。
  • (イ    )量…売り手(商業者)が売りたい量

需要と供給左のグラフを見ると、Bの価格の時は(ウ    )量よりも(エ      )量の方が多いとわかる。Bの価格の時、自然と価格は(オ    )なっていく。Aの価格がもっとも需要と供給のバランスがとれた(カ      )価格と呼ばれ、好ましい価格である。本来,グラフのように、需要量と供給量のバランスによって価格が決定されることが望ましいが、一部の企業によって寡占(かせん)【シェアを占有されている状態】されている産業は(キ       )価格が設定されやすい。( キ )の価格を設定させないために,(ク     )法が定められ、(ケ      )が運用している。

実践問題 解答

ア.需要
イ.供給
ウ.供給
エ.需要
オ.高く
カ.均衡
キ.独占
ク.独占禁止法
ケ.公正取引委員会

スポンサーリンク
トップへ戻る