【中学地理】アジア州

スポンサーリンク

高校入試は、アジア州だけにフォーカスをあてた問題は、もう出題されることは皆無と言える状態ですが、実力テストや私立入試ではまだまだ特定の州にフォーカスした問題も出題されることは少なくありません。いずれにしても、一地球人としては、アジア州の大枠を知っていることはマナーと言えます。

アジア州

これからの21世紀は、アジアの世紀、もしくは東南アジアの世紀と言われるのは間違いないことでしょう。

スポンサーリンク

アジア州 テストに出ることで知っておきたいこと

アジアの区分、宗教、農業などについてまとめています。

アジアの区分

(地図上で、以下に挙げられている国の場所はおさえておきましょう。)

  • 東アジア…日本、中国、韓国、北朝鮮など
  • 東南アジア…タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポ-ルなど
  • 南アジア…インド、パキスタン、スリランカなど
  • 中央アジア…カザフスタンなど
  • 西アジア…サウジアラビア、イラン、イラクなど

宗教

  • イスラム教…マレーシア、イランなど
  • キリスト教…フィリピン

農業

  • 稲作…季節風の影響から東アジア、南アジアの平野部で盛ん。
  • 畑作…降水量が少ない、中国北部、インド西部でさかん。 (小麦、とうもろこし、綿花など)
  • 中国は国土が広いので、北部(畑作)南部(稲作)内陸部(牧畜)とおさえておきましょう。
  • 牧畜…羊・らくだの飼育で乳や肉を利用
  • 遊牧…モンゴルなどでは、家畜(羊ややじを飼育)ともに、水や草を求めて移動

工業

  • シンガポ-ル…世界経済のハブ(大まかにいえば、発信地)の役割を担いつつある。
    工業団地…タイ、マレーシアでは、外国企業を受け入れ、そこに労働者に安い賃金で住居を提供。
  • インド…IT産業の発展が目覚ましく、メガベンチャーには、多くの役員や技術者がいる。
  • 越境ビジネス…東南アジアを中心に国や地域を越えて役割分担をし1つの製品やプロジェクトを成しえている。(個人的な懸念)日本の鎖国化がますます進むのではないか。英語がしゃべれない日本人は圧倒的に不利か。
  • 西アジア…原油や石油製品を輸出。

<時事問題>
2015年暮れからの歴史的な原油安への世界経済の多大な影響は計り知れません。さまざまな国の思惑、新エネルギー、政治的戦略など興味深い展開が今後も予想される。それに伴うファンドや資産家たちのポートフォーリオの転換も同時に注視。

  • 世界の工場…中国は1980年代から始まった経済特区構想により、世界の工場と言われるまでへと急激な成長を遂げる。

アジア州 おさえておきたい用語チェック

それぞれの国や地域の重要語句をまとめています。



中国

  • 一人っ子政策…中国政府が1979年から進めてきた人口増加おさえるための一組の夫婦に子ども1人が望ましいとする政策
  • 生産責任制…農家が一定の生産量を政府と契約し、残りは自由市場などで販売を許可できる農業生産のしくみ
  • 経済特区…中国の沿岸部に設けられた、製品輸出を条件に、外国の企業に安く土地を影響している地域

東南アジア

  • NIES(ニーズ)…近年、工業製品の輸出が増え、急速に経済が発展した区や地域の総称
  • プランテーション…東南アジアやアフリカなどで多くみられる、植民地時代に欧米諸国の資本で開かれた大農園。時代は流れ、現在は、現地資本で経営され、商品作物(コーヒー、カカオ、天然ゴムなど)を生産
  • 天然ゴム…タイ・インドネシア・マレーシアの3か国で世界の生産量の70%を占める農産物。
  • ASEAN(アセアン)…1967年に結成され、現在10か国が加盟している国際組織で政治・経済の両面で協力し合う。
  • 華人…東南アジアに多く住みついている(経済的に大きな力を持っている)中国系の人々。
スポンサーリンク
トップへ戻る