【中学公民】基本的人権と個人の尊重のポイント

スポンサーリンク

人権の保障は、平等権、自由権、社会権、参政権などの基本的人権を保障。憲法第13条個人の尊重の原理に基づきます。また、だれもが持つ保つ人権として、人権は、大人や子供、老人、女性、障害者に関係なく持ちます。1989年、国際連合で「子どもの権利条約」を採択しています。それに伴い、日本では1992に推進、生きる権利、育つ権利などを付随されました。

基本的人権と個人の尊重

基本的人権の構成要素
日本国憲法では、基本的人権を侵すことのできない永久の権利としています。個人の尊重と平等権(等しく生きるための権利)のもとに、自由権(自由に生きるための権利)、社会権(人間らしく生きるための権利)、基本的人権を守るための権利から成ります。
スポンサーリンク

平等権と共生社会

差別の解消が必要。差別は平等権に反し、人権の尊重の原理をおかす行為です。いわれのない差別として、江戸時代の身分制度が、明治になって法律で廃止されても、続いた不当な差別があります。差別をなくすことは、国の責務(国民の課題)と宣言であり、同和対策事業をすすめています。

アイヌ民族

さらに、アイヌ民族への差別があり、北海道で独自のことばと文化を築いてきたアイヌのたちへの差別があります。1997年に、アイヌ文化振興法が成立し、「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」を行いました。

在日韓国・朝鮮人の差別

また、在日韓国・朝鮮人の差別は、1910年の日本の韓国併合以来、日本への移住を余儀なくされた人などとその子孫に対して、就職での差別や選挙権の制限などがあります。

男女平等

女性の働きやすい職場への整備が求められ、1985年に男女雇用機会均等法が成立。セクシャル・ハラスメントの問題など根強く残る。男女が対等に参加する社会を求めて、1999年に、男女共同参画社会基本法なども成立しています。

障害者とともに

障害者のある人たちの教育を受ける機会や就労の機会を保障するなどして、身体的、精神的、社会的障壁を取り除くバリアフリーにして、ノーマライゼーション(すべての人が区別なくふつうに生活を送ること)の実現に向けている。

日本に住む外国人

外国人の増加に対し、職場や学校地域など差別を防止する仕組みつくりが急務。

共生社会
一人一人を大切にし、ともに助け合って生きる社会のこと。それには、生活や考え方が違うことを認め、お互いを尊重することが必要です。
スポンサーリンク
トップへ戻る