【中学公民】日本銀行(中央銀行)の役割

スポンサーリンク

日本銀行

今回は、日本銀行の役割について説明していきます。入試でもよく出るところなので、しっかりおさえていきましょう。
日本銀行は、日本の中央銀行です。一般の銀行とは違い、主に次の3つの業務をこなしています。

スポンサーリンク

発券銀行

お金を造る(日本銀行券を発行する)役割があります。造幣局というところで、日本のお金を作っています。また破れたお金を処分し、新しいお金に変えるなどの作業も行なっています。 では、ひっきりなしにお金を造っているのかといえばそうではありません。お金を造り過ぎると、市場でのお金の価値が下がってインフレーションを引き起こしてしまいますからね。

銀行の銀行

一般の銀行は、私たちからお金を預けてもらったり企業にお金を貸し付けたりしていますが、日本銀行の場合は一般の銀行のお金を預かったり、銀行に対してお金を貸したりしています。

政府の銀行

政府に対しても同じで、税金の管理や財政資金の貸付など政府のお金の出しいれを行っています。

日本銀行の仕事

金融政策

日本では経済の状況に応じて、流通するお金の量を調整する管理通貨制度を採用しています。その通貨量を調整することを金融政策と言います。そのうち、日本銀行が一般の銀行と国債などを売買を行うものを公開市場操作。日本銀行が一般の銀行から預かるお金の割合を調整することを支払い準備率操作という。

<具体例>
・インフレ-ション(物価上昇)…公開市場操作で売りオペレーションを行い、通貨量を減らします。お金が減ると、使うお金が減り、お店は、安くしてでも、売ろうとするので、物価の上昇を抑えられますね。

・デフレーション(物価低下)…支払い準備率を下げて通貨量を増やします。安くモノを売っても、店の売り上げが上がらず、従業員の給与も上がらないので、お金の量を増やし、お金の相対的な価値を下げ、物価上昇を狙うか。または、お金が増え、国民にも行き渡れば、多少値段を上げても買ってもらえるので物価低下を回避できますね。

※いずれも、あくまで理論上であり、経済は生き物と例えられるように、人間の手ではどうすることもできないとのが現状でしょう。アダム・スミスも、「神の見えざる手」と称して例えています。

日本銀行 練習問題

(  )に適語を埋めよ。
(1)日本の中央銀行は、(      ) である。
(2)日本銀行は日本で唯一の (     )として、紙幣を発行している。
(3)日本銀行が発行している紙幣を、(      ) と言う。
(4)日本銀行が、税金の管理や財政資金の貸付などを行うことを、(    )と言う。
(5)日本銀行が、銀行などの金融機関に融資や預金の受け入れをすることを、(    )と言う。
(6)日本銀行が、経済情勢に応じて通貨量を調整することを、(     )と言う。
(7)金融政策のうち (     )は、日本銀行が一般の銀行と国債などを売買することを言う。
(8)金融政策のうち (     )は、日本銀行が一般の銀行から預かるお金の割合を調整することを言う。
(9)(      )が発生した場合、公開市場操作で売りオペレーションを行い、通貨量を減らす
(10)(      )が発生した場合、支払い準備率を下げて通貨量を増やす



日本銀行 解答

(1)日本銀行
(2)発券銀行
(3)日本銀行券
(4)政府の銀行
(5)銀行の銀行
(6)金融政策
(7)公開市場操作
(8)支払い準備率操作
(9)インフレーション
(10)デフレーション

スポンサーリンク
トップへ戻る