【中3社会公民】2学期期末テスト対策のポイント

スポンサーリンク

今回は、2学期期末対策の中3社会編としてまとめています。そのまま、入試にも直結する重要な単元となります。多くの学校で、人権、国会、行政、裁判がテスト範囲となっているようです。早い学校で、地方自治、消費生活、生産と労働までがテスト範囲の学校もあり、学校間でのカリキュラムの進み具合が異なるようです。

2学期期末テスト対策<中3社会編> 標準的な学校の試験範囲

人権では、自由権、平等権、社会権、人権を保障するための権利。そして、新しい人権として、環境権、知る権利、プライバシーの権利、自己決定とその権利がどういうものであるかという内容の理解とそれぞれの事柄がどの権利に入るのかの識別問題への対応も需要になってきます。また政治や選挙、行政に、裁判所。それぞれに制度や役割があるので、きっちり覚えていきましょう。

  • 【中学公民】基本的人権と新しい人権
  • 【中学公民】政治と選挙制度
  • 【中学公民】行政と内閣
  • 【中学公民】裁判所
  • 【中学公民】三権分立
スポンサーリンク

進路が早い学校

ここで押さえておきたいのは、それぞれに存在する課題(問題点)についての理解です。解決に向けての取り組みまで覚えていけるといいでしょう。

  • 【中学公民】地方自治
  • 【中3公民】生産と労働
  • 【中学公民】日本銀行(中央銀行)の役割

以上が、【中3社会・公民】2学期期末テスト対策・ポイントです。図や表まで、自分で思い出しながら書けるくらいになるといいですね。特に、図では⇒の方向には気をつけてください。覚えようとするとのでなく、その背景や因果を考えてみると覚えやすくなると思います。

スポンサーリンク
トップへ戻る