【中3理科】斜面を下る運動のポイント

スポンサーリンク

斜面を下る運動についてポイントをおさえておきましょう。自由落下運動のように力がはたらき続ける運動です。力のはたらきについては、こちらで復習しておきましょう。

斜面を下る運動

斜面を下る運動
斜面を下る運動のように、進行方向に一定の力がはたらき続ける運動では、次の3つのことがいえます。

  • 速さが時間とともに大きくなる。
  • 速さの増え方は一定で変わらない。
  • 同じ物体では、運動の向きにはたらく力が大きいほど速さの増え方は大きい。

つまり、斜面を下る運動の場合は、斜面の角度を大きくすると速さの変化が大きくなります。台車にはたらく斜面にそう力が大きいということです。

また、角度を固定して、台車を走らせたとき、台車にはたらく斜面にそう力自体は、斜面上どこでも、同じ大きさの力がはたらいています。

スポンサーリンク
トップへ戻る