【第6学区高校選び】福大大濠高等学校という選択

強さと勢いが増す福大大濠高等学校

1強時代到来か!?を思わせるほど、各実力テストの合格ボーダー偏差値を上げてきています。他の学校が、特進コースを増設したり、コース名を変更したり、特待生度を充実させ、学力の高い層を集めようとするのとは、一線を画している気がしています。ある高校では、集める生徒層を変更せざる負えない状況になっている思わせる動きも近年あっています。

コースは、普通科のみであり、その科の中にスーパー進学と進学コースとがあります。スーパー特進は、福岡市内では、トップの学力を有しています。進学コースも最近では、筑前高校や福岡中央高校でも上位層での合格を勝ち取れるぐらいの力がないと合格が難しくなってきています。5年前とは大きく異なっています。

近年で、新しい校舎に、共学にと変遷があり、学校までのアクセスの良さも相まって、これまでのブランドをさらに強固にしてきた印象です。

ただ、高校選びは、単純に学力できめるものでありません。候補に挙げている学校見学会には必ず参加し、自分にあった学校へ行くことをお勧めします。また、戦略的に、一つランクを落として、他の学校の特進かつ特別奨学生となる選択も一つなのかもしれません。繰り返しになりますが、どんな学校に通うことになっても、そこで、どんな先生に出会うかで、学校生活はもちろん、その後の人生も変わってくるのは間違いありません。

その他の高校

<公立>
- 第6学区 -
修猷館高等学校という選択
城南高等学校という選択
筑前高等学校という選択
福岡西陵高等学校という選択
福岡工業高等学校という選択(学科毎の合否ボーダー付)
講倫館高校という選択

- 第5学区 -
筑紫丘高校という選択
春日高等学校という選択

- 第4学区 -
福岡高等学校という選択
香住丘高等学校という選択
新宮高等学校という選択

<私立>
早稲田佐賀高等学校という選択
西南学院高等学校という選択
福大大濠高等学校という選択
筑紫女学園高等学校という選択
中村学園女子高等学校という選択
福岡雙葉高等学校という選択
福岡大学附属若葉高等学校という選択
東福岡高等学校という選択
福岡舞鶴高等学校という選択
福工大附城東高等学校という選択
中村学園三陽高等学校という選択

スポンサーリンク

合否ボーダー

福岡県公立高校入試平均点推移及び合否ボーダーと目標点

高校選びの見解

学校選びの見解