【中学公民】司法裁判の練習問題

スポンサーリンク

【中学公民】司法裁判の練習問題です。

スポンサーリンク

司法裁判の練習問題

A,図をみて各問いに答えなさい。
zu50
(1)XとYに入る語句をそれぞれ答えなさい。
(2)図の裁判で、事件が重大であった場合に、一般人を審議に参加させる制度が2009年から導入されました。この制度をなんといいますか。
(3)(2)の制度の説明について、次の(  )内に適切な語句・数字を入れなさい。
<制度の説明>
特定の重大な( ア )裁判の審査に適用される。国民の( イ )歳以上の者の中からくじで選ばれる。原則として、1つの事件に裁判員( ウ )名、裁判官( エ )名で審査が行われる。

B,図をみて各問いに答えなさい。
zu51
(1)WとZに当てはまる語句をそれぞれ答えなさい。
(2)図のPとQはそれぞれ次の審査を求めることである。当てはまる語句をそれぞれ答えなさい。
(3)図のように、三回まで裁判を受けることができる仕組みをなん と言いますか。また、その理由を「個人の人権」の語句を使って 説明しなさい。

C.(   )に適語を埋めよ。
(1)裁判のうち、お金や不動産の問題など、一般の人々の間の争いごとを解決する裁判を(   )と言う。
(2)民事裁判で、訴えを起こした人のことを(    ) と言う。
(3)犯罪を起こした疑いのある人が本当に犯罪を行ったのか、もし行ったとしたのならどの程度の刑罰を与える裁判を(   )と言う。
(4)刑事裁判で、犯罪を犯した疑いのある人のことを(   )と言う。
(5)刑事裁判で、被害者に代わり、被告人の処罰を求める人を(    )と言う。
(6)争いごとを、第三者の立場から、法律に則って解決する手続きを(    )と言う。
(7)裁判所が裁判を行い、法律に則って争いごとを解決する力を(   )と言う。
(8)(   )は、争いごとの最終的な判断を下す裁判所で、日本に1つしかない。
(9)裁判の誤りをなくすため、同一の事件について3回まで裁判を受けられることを(   )と言う。
(10)最高裁判所の下にある、その他の裁判所を(  )と呼び、1・2回目の裁判を行う。

司法裁判の練習問題の解答

Aの解答
(1)X.刑事 Y.検察官
(2)裁判員制度
(3)ア.刑事 イ.20 ウ.6 エ.3

Bの解答
(1)W.高等 Z.家庭
(2)P.控訴 Q.上告
(3)三審制、理由:(例)個人の人権の侵害を防ぐために,慎重な判断を行うため。

Cの解答
(1)民事裁判
(2)原告
(3)刑事裁判
(4)被告人
(5)検察官
(6)裁判
(7)司法権
(8)最高裁判所
(9)三審制
(10)下級裁判所

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました