【中1数学】指数計算のポイントと練習問題

スポンサーリンク

今回は、指数計算について学びます。

指数

62を6の2乗、63を6の3乗と読むわけですが、その右上の2、3は、掛け合わす6の個数を表したもので、それを指数と言います。2乗のことを平方、3乗のことを立方とも読みます。

スポンサーリンク

指数計算の途中式

例題と途中の過程を示しています。

22=2×2=4
-22=-×2×2=-4
(-2)2=(-2)×(-2)=4
(-22)=(-×2×2)=-4
-(+2)2=-×(+2)×(+2)=-4
-(-2)2=-×(-2)×(-2)=-4
23=2×2×2=8
-23=-×2×2×2=-8
(-2)3=(-2)×(-2)×(-2)=8
(-23)=(-×2×2×2)=-8
-(+2)3=-×(+2)×(+2)×(+2)=-8
-(-2)3=-×(-2)×(-2)×(-2)=8

指数計算の練習問題

次の計算をしなさい。
(1)(-5)3
(2)(-4)4
(3)-0.52
(4)(-3)2×(-4)2
(5)(-33)÷(-3)2

指数計算の練習問題解答

(1)-75
(2)196
(3)-0.25
(4)144
(5)-3

(4)(5)計算の工夫をして解けるとすごくいいです!

スポンサーリンク
トップへ戻る