【中学公民】行政のしくみと内閣

スポンサーリンク

【中学公民】行政のしくみと内閣についてまとめています。

行政のしくみと内閣

行政は、国の行政と地方行政とがありますが、国会が決めた法律や予算に基づいて、国の政治を行うことです。国の行政は、総務省、外務省などが分担します。

スポンサーリンク

内閣の仕事

内閣が国の行政の各部門の仕事を指揮監督します。法律案や予算を作成し国会に提出します、条約を結んだり、天皇の国事行為への助言と承認などがあります。以下が内閣のしごとになります。

  1. 法律や予算を作り、国会に提出。
  2. 法律の施行などに必要な政令を定める。
  3. 外交関係を処理し、外国と条約を結ぶ。
  4. 公務員に関する事務を行う。
  5. 天皇の国事行為に助言と承認をあたえる。
  6. 最高裁判所長官の指名(任命は天皇が行う)、その他の裁判官の任命

内閣の組織

  • 内閣総理大臣…国会議員の中から選ばれ、首相ともよばれ、行政の最高責任者。国務大臣を任命し、内閣を組織します。
  • 国務大臣…過半数は国会議員から選び、内閣の構成員であり、ふつうは各省の長になります。
  • 閣議…行政の運営方針について決定します。

議院内閣制

議院内閣制…内閣は、国会の信任にもとづいて成立し、国会に対して連帯責任を負うという仕組みです。

<その例>

  • 総辞職…衆議院総選挙が行われた場合は、必ず総辞職する。内閣総理大臣を改めて指名。
  • 内閣不信任の決議…衆議院のみ権限がありますが、内閣が行う行政が信頼できないときに、衆議院が行います。内閣不信任決議が可決されると内閣は10日以内衆議院を解散するか、総辞職します。
  • 衆議院の解散…内閣が衆議院を解散した場合、衆議院の総選挙が行われます。総選挙後の国会(特別会)で総辞職します。

大統領制

アメリカでは国民に選挙される大統領が行政を行い、議会との関係は相互に独立しています。フランスでは、首相と大統領の両方が置かれています。

行政の役割と行政改革

  • 公務員…行政を担当する職員で国家公務員と地方公務員がある。公務員は、「全体の奉仕者」と言われます。
  • 行政権の拡大(肥大化)…政府の役割は安全保障や治安維持など最小限にとどめる「小さな政府」から、人々の生活を安定させるための社会保障や教育・雇用など様々な仕事を行う「大きな政府」へとなっています。

行政改革

簡素で効率的な行政を目指すための改革。許認可権の見直し、民間の経済活動の範囲を広げる取り組みである規制緩和、公務員削減、行政組織の効率化、行政の各事業の見直しなどを行います。地方分権もその1つ。

確認問題

次の問いに答えなさい。

  1. 国会議員の中から選ばれ、行政の最高責任者を何というか。
  2. 1を指名する機関はどこか。
  3. 内閣不信任決議が可決されると内閣は、10日以内に衆議院を解散するか、どうしなければならないか。
  4. 内閣が国会の信任にもとづいて成立し、国会に対して連帯責任を負う制度を何というか。
  5. 内閣は、最高裁判所長官の指名し、その他の裁判官を(   )する。(   )に入る語句はなにか。
  6. 「全体の奉仕者」として行政を担当する職員を何というか。
  7. 行政の仕事が増すにつれて権限、費用、人員などの行政の規模が大きく複雑になることを何というか。
  8. 政府の行ってきた規制や指導などを見直して減らしていくことを何というか。
  9. 行政の任務を減らしたり、人員を削減したりして「スリムな国家」を目指す改革を何というか。

解答

  1. 内閣総理大臣
  2. 国会
  3. 総辞職
  4. 議員内閣制
  5. 任命
  6. 公務員
  7. 行政の肥大化
  8. 規制緩和
  9. 行政改革
スポンサーリンク
トップへ戻る