【高校受験作文】ソーシャルメディアについて

スポンサーリンク

作文や面接では、日ごろどんなアンテナを張って生活してきたかが問われます。付け焼刃的な対策をとることも可能ではありますが、学力が高い学校になればなるほど、小手先のテクニックは見破られます。普段から、ただなんとなくいった無意識の時間を少なくし、さまざまな事柄について、自らの考えをまとめていくクセ付けをしましょう。

今回は、もっともポピュラーな「ソーシャルメディア」について考えてみましょう。

ソーシャルメディアの考察

最近は、本当に作文や面接で、このソーシャルメディアに絡めた問題の出題が多くなっています。

ソーシャルメディア
ソーシャルメディアとは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアで、双方向のコミュニケーションができることが特長です。一方で、世界や社会とつながっていることを忘れて、発信してしまい、トラブルの一因になることもあります。また、一度発信してしまうと、ログが残ってしまいます。
スポンサーリンク

ソーシャルメディアとSNSの違い

ソーシャルメディアとSNSの違いを言えるでしょうか?端的にいえば、ソーシャルメディアは、教科全体であり、SNSは、国語や数学、社会などそれぞれ1つ1つの科目です。SNSは、ソーシャルメディアを因数分解したときの因数と言えるでしょう。

ソーデャルメディア誕生後の社会の変化

ソーデャルメディア誕生後、次々にSNSが生まれました。フェイスブック、ツイッター、LINE、インスタグラム、スナップチャットなど。特に、日本ではやりのLINE、インスタグラムなどは、「コミュニケーションの自動機械化」を推し進めたと言えます。スタンプや写真で、言葉を発しなくとも、ただ無意識に、反射的にボタンを押すといったコミュニティーションになってしまったのではないだろうか。

もっと視点を変えれば、「コミュニケーションに時間を割くのが無駄」というのが、潜在的に脳にインプットされたようにも思えます。学生諸君には、日ごろの自分の会話を思い返してほしい。スタンプのように、会話が単語化していないだろうか。「やばい」「おいしい」「きつい」などだけを発し、「主体が欠落」していないだろうか。この主体の欠落は、言葉が直接的であるので、暴力になるときが往々になり、些細なことで、誤解を招いたり、見解をしたりと人間関係をこじらせている場合も少なくないように思えます。

さらに視点を変えて、この「コミュニケーションの自動機械化」における「主体の欠落」は、「ポピュリズム」を生みやすくなったとも言えます。自動機械化した人々をその人々に趣向に沿った情報や言葉を選ぶことで、自分の主義主張に迎合、洗脳させていくといういった具合にです。

ポピュリズム
ポピュリズムとは、政治指導者が一般大衆の一面的な欲望や不安、恐れなどに迎合し,大衆を操作することによって権力を維持する政治手法です。数に勝る大衆の支持のもとに既存のエリート主義である知識人など対立する政治構図をともないます。日本語では大衆主義や人民主義、大衆迎合主義とも呼ばれます。

ソーシャルメディアのまとめ

ソーシャルメディアは、時間、お金などと同じように使い方しだいです。今一度、コミュニケーションの自動化してしまっていないか、振り返ってみるといいかもしれません。

「ソーシャルメディア」についての意見でした。このように、よく入試に出題されるキーワード、また、時事的な用語については、普段から自分の意見をまとめておくといいでしょう。さらに、他者とそれについて意見交換できる場などがあれば、非常にいいことですね。

スポンサーリンク
トップへ戻る