【中1理科】双子葉類と単子葉類のポイント

スポンサーリンク

被子植物の特徴である双子葉類と単子葉類についてです。テストでは、作図をさせる問題も時折出るので、写真や図を合わせて確認しながら学習を進めていきましょう。

双子葉類と単子葉類の比較

比較 双子葉類 単子葉類
子葉 2枚 1枚
葉脈 網状脈 平行脈
茎の維管束 輪状 ばらばら
主根・側根 ひげ根
花弁 4枚や5枚が多い 3枚か6枚が多い
アサガオ・アブラナ ツユクサ・トウモロコシ
スポンサーリンク

双子葉類

アブラナやアサガオなどがそれにあたり、葉脈が網状脈で、茎の維管束が輪状に並び、根が手根と側根からなり、子葉は2枚です。また、双子葉類は、花弁がくっついている合弁花類(アサガオ、ツツジ、タンポポ、ヒマワリ、キクなど)と花弁が離れている離弁花類(アブラナ、サクラ、エンドウなど)に分かれます。

単子葉類

ツユクサ、トウモロコシなどがそれにあたり、葉脈が平行脈で、茎の維管束がばらばらに分布。根がひげ根であり、子葉は1枚です。

スポンサーリンク
トップへ戻る