佐賀県公立高校入試「数学」傾向と出題予想

スポンサーリンク

今回は、要望にお応えして、佐賀県の公立高校入試の数学の対策に役立てばとまとめています。要望がある県については、時間を見て適宜アップしていきたいと思います。

佐賀県の公立高校入試数学の傾向と対策

佐賀県の公立入試は、特色選抜入試と一般入試がありますが、どちらの入試においても、数学はオーソドックスな良問が並んでいる極めて標準的な問題の構成となっています。また、大問毎に、小問番号が大きくなるにつれて、正答率が徐々に低くなるように設定され、作成者の熟練した問題作りと受験生の配慮がうかがえます。努力した分、しっかり得点できるようになっています。

スポンサーリンク

(佐賀県の数学)押さえるべき5つの柱

特色選抜入試と一般入試ともに、次の5つの柱を念頭において勉強するといいでしょう。

  • 大問1の対策として、計算小問(各種計算、図形の公式、ビジュアル角度)
  • 大問2の対策として、資料の整理、規則性、確率、標本調査
  • 大問3の対策として、方程式の文章題(連立、2次方程式)
  • 大問4の対策として、関数総合(ダイヤグラム、水そう、点の移動、2次関数の利用など)
  • 大問5の対策として、図形総合(相似、三平方の定理などの活用など)

などが柱となっています。大問2、大問3などで一部問題が、年度によって入れ替わる場合もあります。

(佐賀県の数学)どんな問題を習得すればいいの?

具体的に、どんな問題を解けばいいか、挙げておきます。

スポンサーリンク
トップへ戻る