学校の授業の受け方とノートの取り方

スポンサーリンク

学校の授業の受け方とノートの取り方についてまとめています。

暗記しながらノートに書く

どう意識して、ノートを書いているかで、大きな差が生まれることは間違いありません。ある子は、きれいにノートをまとめることを意識している。ある子は、一字一句間違えないようにと何度も目が黒板にいってチェックをしながらノートに書く。ある子は、黒板に書かれていることを覚えることを意識して数回黙読して、黒板を見ずにノートに書く。忘れた時、チェックしたい時にもう一度黒板を確認する。

ほんの一例ですか、ノートに書く行為だけでも、意識は一人ひとり違います。最終的にノートに書かれていることは、一緒でも、どれだけ頭の中に残っているかは雲泥の差です。

授業の受け方

おすすめは、『黒板に書かれていることを覚えることを意識して数回黙読して、黒板を見ずにノートに書く。』授業を、勉強に、暗記に、復習に変えるんです。暗記に、復習に。黒板に書かれていることを覚えているか確認しながら(暗記)、ノートに書く(復習)わけですから、暗記に、復習になっていますね。これは、主体的に学んでいることにつながっていきます。

同じ動作や作業でも、どう自分が意識してやっているかで、半年、1年、5年というながいスパンでみれば、大きなとなって表れています。実は、こういうことを塾生に、マイスクール慶應修学舎、今のカタコトラーニングスタジオでは、伝えてきたことが、結果として、驚異的な成績の向上につながっていると思っています。何気ない日常を、なんとくなくで過ごしている時間を、主体的に、意味づけのある時間に、習慣変えていくことが大事なんだと思います。

スポンサーリンク
トップへ戻る