【高校入試】9月からの勉強法と入試対策

スポンサーリンク

高校入試における9月からの入試対策

9月から大事になるのは、日曜日の使い方と平日21時からの23時までの2時間だと思っています。

スポンサーリンク

日曜日の使い方

日曜日は新しい問題を解くよりも1週間でやった内容の復習、間違った問題の類題など記憶を形成したり、定着を図る時間に充てることがポイントです。多くの受験生は、どんどん問題を解いていきます。とりわけ学習塾に通っている人は、日曜教室、日曜特訓などのオプション講座などに参加させられ、新しい問題をどんどん演習させられます。ここで勘違いしてはいけないのは、問題を解くことは、作業であり、勉強ではありません。問題を解くことに、ノートをまとめることに満足してしまう受験生も少なくありません。そういう人は、いつまでたっても、定着が図れないどころか、勉強しているの(※それは勉強ではないにも関わらず)に、成績が上がらないになってしまいます。

もう1つ踏み込んで

入試までカウントダウンが始まるこの時期、これまでできなかった問題への定着がポイントになることは間違いないこと。1週間でやった内容の復習だけにとどまらず、夏休みにやったこと、実力テストも何度か受けているはずですから、そのやり直しもできれば、なおさらいいです。1学期や夏休み終わりに受験した実力テストをもう1度、時間を計ってもう一度解くこともいいでしょう。そうすることで前回より点数上がってるはずしそれが自信にも繋がっていくと思います。さらにまだまだ出来ていない問題もあるんだなという再認識をすることになります。

平日の過ごし方

(1)平日は、まず家に帰ったらまず学校や塾で習ったことの復習、思い起こしをすることが先決でしょう。

(2)次に、学校や塾では一般的に宿題が出されてるかと思いますのでそれをすることになります。(まだ宿題を出せれないといけない状況であることは、情けないことでもあるという認識も一方では必要ですよ。先生たちは、本当の意味で、まだあなたのことを信じていない可能性もあります。もう宿題を出されなくても、どこをそうすべきかは把握していますと言えるぐらいになっておくことが望ましいです。)

(3)もし余裕があるのであれば、新しい知識を得るための時間に充てるようにすればいいでしょう。

以上の3つの柱を作って1週間過ごしといいではないでしょうか。

特別な方法はない

特別なことは何一つありませんし、難しいこともありません。誰でもできることを誰でもできないくらいやりきる。それを自分の習慣にする。ただそれだけです。ただそれだけですが、この9月は、その習慣を確立することが最も大事になる1か月です。実は、夏を制するものが受験をしするのではなく、9月を制するものが受験生を制すと思っています。9月の頑張りが合否を左右する。

スポンサーリンク
トップへ戻る