福岡県11月実力テストの勉強法

スポンサーリンク

福岡市の各中学校で中間テストも終わり、みなさん、自己最高得点を取られて勢いづいていることでしょう。少なくとも、中学1年生の1学期以来の高得点ぐらいはとっておかないといけない時期でしょう。

勉強をしているけど、なかなか点数が上がらない現象に陥る受験生

10月、11月にかけての実力テスト2本、期末テストと大切なテストが続きます。テスト慣れと称して、塾内のテストや業者の実力テストも頻繁に開催されます。

ここで陥りがちなのが、「勉強をしているけど、なかなか点数が上がらない現象」というものです。これまでの経験からして、塾に通っている人ほど陥いりやすいです。最大の原因は、「問題を解くことが、勉強と思っている」ということです。

この時期は、塾側は塾生から、多くの授業料(オプション講座、テスト料、テキスト代、プリント第)を搾取できる時期ですので、受験対策と表したさまざまオプション講座などを開き、生徒にどんどん新しいテキストやプリントをあてがい、問題を解かせます。多くの受験生は、どんどん問題を解くことになるので、勉強しているという錯覚に陥ることになります。それに加え、未だに、宿題を出されるはずですので、家でも問題を解きまくることになります。これでは、点数につながっていきません。

問題を解くことは、作業(ウォーミングアップ)であり、実力テストを受験することは、練習試合や紅白戦だからです。勉強ではないのです。スポーツと同じように、それではよい結果を得ることは難しいです。よい結果を出したとしても、長続きはしないどころか、成績にムラが出てきてしまいます。

スポンサーリンク

10月の勉強の仕方

大事なのは、「徹底した×問題に対する理解とその類題の演習」です。まずは、(高校入試、9月からの勉強法と入試対策)でも書いたように、日曜日は新しい問題を解くよりも1週間でやった内容の復習、間違った問題の類題など記憶を形成したり、定着を図る時間に充てることがポイントです。

10月は、それに加え、直近(8月、9月)の学校の実力テスト、塾や業者の実力テストのやり直しと解説を隅から隅まで読み解くことでしょう。ズバリ、10月のテストは、同じテストで、また同じ問題(パターン)の出題は考えにくいので、テスト出題分析にも役位ちます。

点数だけを伸ばせばということであれば、まだまだこれから受験の前日まで点数を伸ばしていくことが可能です。それに、勉強は、一生続いていくものですから、今から頑張り出しても十分早いぐらいです。どんどん年を重ねるごとに、勉強をしなくなる人が多くなるので、どんんどん抜かせますよ(笑)。

スポンサーリンク
トップへ戻る