【中1数学】1学期定期テスト対策チェック

スポンサーリンク

今回は、中1数学、1学期に(中間・期末)テストに出る用語をまとめてみました。数学といえど、定期テストでは、他の教科と同じように、覚えておくべき用語については出題されます。適語補充というカタチで、直接記述したり、選択問題として出題されることが多いです。

1学期定期(中間・期末)テストに出る用語

スポンサーリンク

正の数

0より大きい数(=自然数ともいう)

負の数

0より小さい数

整数

負の数、0、正の数

絶対値

0からの距離。(例)絶対値が3になる数は、+3、-3のふたつ。

加法

足し算のこと

加法の交換法則

a+b=b+aなど順番を入れ替えても解は同じ

加法の結合法則

(a+b)+c=a+(b+c)など( )の位置をかえ、そちらから計算することで、計算が簡略、計算がしやすくできるよう工夫することができるときがあります。

減法

引き算のこと

乗法

掛け算のこと

除法

割り算のこと

逆数

分母と分子を入れかえること。符号は変わりません。整数のときは気をつけましょう。

乗法の交換法則

a×b=b×aなど順番を入れ替えても解は同じ

乗法の結合法則

(a×b)×c=a×(b×c)など( )の位置をかえ、そちらから計算することで、計算が簡略、計算がしやすくできるよう工夫することができるときがあります。

指数

数字の右上の小さな数で、かけあわす数の個数を表したもの。

分配法則

(a+b)×C=a×c+b×cなど

1次の項

2a,3bのように、文字が1つだけの項

係数

文字の前にある数。1,-1は省略されているので注意。

そのほか、等式、不等式、移行などを解答させる問題もあります。用語を覚えておくだけでも、10点前後は、得点できます。10点は重いですよ。

スポンサーリンク
トップへ戻る