【中3理科】月の満ち欠けと日食・月食

スポンサーリンク

月の満ち欠けと日食・月食についてまとめています。

月の満ち欠け

月は、太陽の光があたったところだけが輝きます。このことにより、月の満ち欠けから、月が球形で、地球のまわりを地球の北極側から見て、反時計回りに回っている月の公転がわかります。また、新月から次の新月までは約29.5日かかります。

月の日周運動、これは地球の自転による見かけの運動ですが、月は東からのぼり西の空に沈みます。

日食・月食

  • 地球から月までの距離は、地球から太陽までの距離の約400分の1です。
  • 月の直径は、太陽の直径の約400分の1です。

以上のことから、月と太陽は同じ大きさに見えます。

スポンサーリンク

日食

日食は、太陽が月に隠れ、太陽の全部(皆既日食)、一部が欠ける(部分日食)ことです。地球・月・太陽のと並んだ時におきます。

月食

満月が地球の影に入り、月の全部または一部がかけることが月食です。月・地球・太陽と並んだときにおきます。

スポンサーリンク
トップへ戻る