【中学地理】日本の雨温図と気候の特徴まとめ

スポンサーリンク

今回は、日本の雨温図と気候の特徴をまとめています。南北に長い日本ですから、地域ごとによって、気候の特徴があり、それに伴い雨温図も違ってきます。大きく6つの気候区分に分かれる日本の特徴をつかんでいきましょう。

日本の気候の特徴まとめ

本州・九州・四国が主に温帯、北海道が亜寒帯(冷帯)になり、季節風(夏には太平洋上から暖かく湿った空気を運び、冬は大陸から乾燥した空気を運ぶ)によって四季の変化があります。梅雨や台風によって、降水量が多いです。

スポンサーリンク

日本の6つの気候区分

特徴を目立たせるため、アバウトな雨温図になっています。

  • 北海道の気候(A)…冬の寒さが厳しく、夏もすずしい。6月に梅雨がないため降水量が少ないのも特徴。
  • 日本海側の気候(C)…北西の季節風が日本海側で雲をつくり、山地にぶつかり雪を降らせるので、冬に雪が多く、夏は乾燥します。
  • 太平洋側の気候(E)…冬は晴天が多く、夏は、梅雨や台風の影響で雨が多い。九州地方の大部分も太平洋側の気候に区分されます。
  • 内陸の気候(B)…1年を通して、降水量が少なく、夏と冬、昼と夜の気温差が大きい。
  • 瀬戸内の気候(D)…冬の季節風は中国山地、夏の季節風は四国山地に、さえぎられるため、1年中温暖で降水量が少ない。
  • 南西諸島の気候(F)…1年を通して雨が多く、黒潮の影響を受けて冬でも温暖。
スポンサーリンク

コメント

  1. あと2ヵ月! より:

    ありがとうございます!勉強になります。
    「世界の雨温図と気候の特徴」も、ぜひお願いします!!!
    (それとも高校入試には必要ないでしょうか・・・)

  2. 希望屋 より:

    コメントありがとうございます。
    作成してみました。参考になればと思います。

    【中学地理】世界の国・地域の雨温図(よく出る覚えておきたいところ!)

  3. あと2ヵ月! より:

    先生、お忙しい中、世界の雨温図まで迅速に作って下さってありがとうございました!
    子どもがとても感謝していました。
    本人に代わりましてお礼を申し上げますm(_ _)m

トップへ戻る