【中2理科】ザリガニの体のつくりとイカの体のつくり

スポンサーリンク

ザリガニの体のつくりとイカの体のつくりについてまとめています。どちらも無セキツイ動物であり、よく写真や図と一緒に出題されるので、確認しておきましょう。

ザリガニのつくり

  • 外骨格というかたい殻でおおわれています。
  • 頭胸部と胸部からなります。
  • セキツイ動物のように、胃や肝臓などの内臓があります。
  • 水中で生活し、えらで呼吸。
  • あしは筋肉のはたらきで動く。
  • 体とあしに節がある。(節足動物)
  • 外骨格の内側の筋肉で足を曲げたり、のばしたりして運動します。
  • 口から食物をとります。

イカのつくり

  • 胸部、頭部、腕部からなります。
  • 外とう膜のふちから海水をとりこみ、ろうとから吐き出して噴射の力でいどうします。
  • 内臓は外とう膜につつまれています。
  • 節のないあし(腕)が10本あります。
  • あしには、吸盤があり、食物をとらえるのに、役立っています。
  • するどいくちばしは、食物をかみくだくのに役立っています。
スポンサーリンク

軟体動物の練習問題

(1)無セキツイ動物の中で、体とあしに節がある動物を何というか。
(2)ザリガニは、何というかたい殻でおおわれているか。
(3)イカの体やあしに節はあるか、ないか。

解答

(1)節足動物
(2)外骨格
(3)ない

スポンサーリンク
トップへ戻る