大学入試対策「国際関係で知っておきたい用語まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

大学入試対策で国際関係で知っておきたい用語まとめています。AO入試や現代文で、国際関係学部など国際系の学部でよく出される用語をピックアップしています。知っているとスムーズに、文章が読めたり、自分の論を記述できたりすると思います。

米中テクノロジー冷戦

世界で最先端テクノロジーの覇権をめぐるアメリカと中国の戦争。この「冷戦」が、テクノロジーの領域を分断しつつある。

スポンサーリンク

中国の対応

アップルは中国市場にとどまるために、中国人ユーザーの個人情報を保管するデータセンターを中国に設立しなければならなかった。
→中国政府はフェイスブックやグーグルなど多くの米ネットサービス企業を遮断してきた。国内の情報の流れを統制し、「アラブの春」のようなソーシャルメディアで火がつく民主化運動を防ぐため

アメリカの対応

アメリカは、中国のテクノロジー企業による米企業の買収を何度となく阻んできた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」に対しては、スパイ活動を懸念し、アメリカ市場から締め出している。

アメリカと中国が互いにテクノロジー大手を攻撃しているのは、経済的な理由だけでなく、安全保障にとって重要だからだ。AIや量子コンピューティング、次世代ワイヤレス技術などの分野で世界をリードしようと、しのぎを削っているのと同じ理屈である。

中東地域の覇権争い

アメリカの中東政策を注視する必要がある。

  1. イランはパレスチナで活動するスンニ派武装組織ハマスを支援しており、「反米」という点では、シーア派もスンニ派も関係なく一致
  2. イスラム教徒が起こしたとみられる事件では、「スンニ派過激組織」などと枕詞がつきますが、アメリカで銃乱射事件が起こったときに、「キリスト教徒とみられる人物の犯行」とは報じられません。
  3. 中東の非産油国でうまくいっているのは、ハイテク産業の育成に成功したイスラエルがある。
  4. ドバイも地域のハブに成長。

ロシアの状況

  1. プーチンはかつての共産主義のような明確なイデオロギーを掲げているわけではない。むしろ、国際組織から自国の主権を守るという、抽象的なモデルを示している。
  2. プーチンが最も嫌ったのは、冷戦後の世界をソ連時代の宿敵、アメリカが支配することだった。とくに、ジョージ・W・ブッシュ米大統領(当時)が2003年に仕掛けたイラク戦争に反発。
  3. プーチンの強権的なリーダーシップと欧米の堕落を警告する姿勢は、アメリカでもそれ以外の国々でも、保守派からますます多くの共感と称賛を集めた。

発展途上国の状況

  • プライメートシティの肥大化…プライメートシティとは、その国の人口大都市に人口が集まってくること。一極集中すること。バンコク・メキシコシティなどがその例。
  • スクオッター…本来は居住に適さない、土地所有が不明確な空地にも住宅が形成されることもある
  • ストリートチルドレン…家を持たず、路上や空き地で生活するホームレスの子ども。そのストリートチルドレンが増加している

先進国の都市の状況

<3つの現象>

  • ドーナツ化現象…都心から郊外に人口が流出する現象。郊外のニュータウンで人口が増加。
  • スプロール現象…市街地が無秩序に拡大する現象。
  • インナーシティ…富裕層は郊外に流出し、都心部が荒廃する現象。

また、過疎・限界集落問題。山間地域や離島を中心に全国に広がる。限界集落は、高齢化が極端に進んだ集落。対策として、豊かな自然伝統文化を活用した町おこし・村おこしにより過疎化をおさえる取り組みが進む。一方で、都市人口の急速な増大に伴う過密化により発生。

  • 住宅問題(地価高騰による宅地不足)
  • 交通問題(通勤ラッシュ・渋滞)
  • 都市公害(大気汚染・騒音・振動など)
  • 都市災害(火災・水害・地震災害)

などの問題、災害が発生している。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク