平成30(2018)年度大阪府公立高校入試日程と制度

シェアする

平成30(2018)年度大阪府公立高校入試日程と制度についてまとめています。

大阪府公立高校入試日程

スポンサーリンク

一般入学者選抜

  • 出願:3月2日(金)~3月5日(月)及び3月6日(火)
  • 学力検査等:3月12日(月)
  • 合格発表日:3月20日(火)

特別入学者選抜

  • 出願:2月14日(水)及び2月15日(木) ※音楽科は、2月6日(火)及び2月7日(水)
  • 学力検査:2月20日(火)
  • 実技検査:2月21日(水)※音楽科は、2月18日(日)
  • 合格発表日:2月28日(水)

その他の入試選抜については、教育委員会HPを参照ください。

大阪府公立高校入試制度

入学者選抜の種類

入学者選抜の種類は、特別入学者選抜、大阪府立豊中高等学校能勢分校に係る入学者選抜、海外から帰国した生徒の入学者選抜、日本語指導が必要な帰国生徒・外国人生徒入学者選抜、柏原地域連携型中高一貫教育に係る入学者選抜、知的障がい生徒自立支援コース入学者選抜、一般入学者選抜、二次入学者選抜、知的障がい生徒自立支援コース補充入学者選抜、秋季入学者選抜があります。多くの人は、一般入学者選抜を選択することになるでしょう。

選抜資料

  • 調査書(内申点など)
  • 学力検査の成績
  • 自己申告書(※ボーダーゾーンに入った時に重要)

※ボーダーゾーンとは、調査書及び学力検査で合格定員の上位90%前後に入らなかった生徒のうち、残りの10%前後を自己申告書を加味して、合否を判定します。自己申告書が、その高校のアドミッションポリシー(求める生徒像)と極めてマッチしている生徒は総合点に関係なく、優先的に合格となる仕組みです。

選抜方法

学力検査の成績及び調査書中の各学年の必修の全教科の評定の合計により算出した総合点を基本に、自己申告書及び調査書中の活動/行動の記録をも資料として選抜を行うとなっています。

学力検査科目

科目は5教科(英・数・国・理・社)です。理科と社会は共通問題ですが、英語・数学・国語に関しては3種類の難易度(A・B・C)の中から、各高校が問題を指定します。Aが基礎、Bが標準、Cが発展、という位置付け。

スポンサーリンク

シェアする