平成30年度(2018年度)埼玉県公立高校入試日程と制度

シェアする

スポンサーリンク

平成30年度埼玉県公立高校入試日程と制度についてまとめています。2018年度の埼玉県の公立高校の入試日程は、例年どおりの日程で行われます。それでは、平成30年度(2018年度)埼玉県公立高校入試日程と制度をみていきましょう。

埼玉県公立高校入試日程

平成30(2018)年

  • 2月19日(月)、20日(火)入学願書、調査書、学習の記録等一覧表等の提出期間
  • 2月22日(木)、23日(金)志願先変更期間
  • 3月 1日(木) 学力検査
  • 3月 2日(金) 実技検査(芸術系学科等)、面接(一部の学校)
  • 3月 9日(金) 入学許可候補者発表

埼玉県公立高校入試制度

埼玉県立高校の入学者選抜には、「第一次選抜」と「第二次選抜」があります。この選抜方式は、「第一次選抜」でまず合格者を確定します。次に、それに漏れた受験生に対し、改めて「第二次選抜」をとり行うとい制度です。また、選抜の機会は二度あっても、入学試験(学力検査)はたった一度だということをおさえておく必要があります。

「第一次選抜」と「第二次選抜」の基準は異なることにも注意が必要です。特に、「第一次選抜」では、学力検査つまり、入試本番の得点が重視される傾向があり、「第二次選抜」では、学習の記録いわゆる内申点や他に特別活動などが加点比重が高くなります。難関校ほど「学力検査」を重視する傾向があります。ここでいう難関校とは、浦和高校、大宮高校や浦和第一女子高校などです。

スポンサーリンク

変更点

平成29年より以下のようになっています。

学力検査時間の統一

学力検査時間の統一で、社会、理科の検査時間を40分から50分に変更になっています。このことにより、学力検査の時間は5教科すべて50分になります。

学力検査問題の改善

学力検査問題の改善があり、数学、英語において、取り組み易い問題の比率を増えています。なお、学校の判断により、例外的に問題の一部に応用的な問題を含む学力検査(学校選択問題)を実施することができます。また、「学校選択問題」は県教育委員会が作成します。

スポンサーリンク

シェアする