【中学国文法】形容動詞・助動詞・助詞の「で」の見分け方と練習問題

スポンサーリンク

【中学国文法】形容動詞・助動詞・助詞の「で」の見分け方と練習問題です。

スポンサーリンク

「で」の識別のポイント

「で」は大きく4つに識別できます。

形容動詞の活用語尾

  • <例>この道具は便利である。
  • <ポイント>「で」を「な」に変えると体現に続く。

助動詞の断定

  • <例>こっちが僕の帽子で、あっちが弟のだ。
  • <ポイント>体現に付く。「で」を「な」に変わると不自然。

格助詞

  • <例>図書館の前で、待ち合わせる。
  • <ポイント>体現に付く。場所、手段、材料、原因、理由などを表す。

接続助詞

  • <例>魚が目の前を泳いでいく。
  • <ポイント>堂ディの音便形「い」「ん」に付く。
スポンサーリンク

形容動詞・助動詞・助詞の「で」の練習問題

次の太字の「で」は、形容動詞の活用語尾、助動詞の断定、格助詞、接続助詞のどれになるか答えよ。

  1. 急病で病院に運ばれる。
  2. 彼女が秘書で、茜と言います。
  3. 兄は雑誌を読んでいる。

形容動詞・助動詞・助詞の「で」の練習問題の解答

  1. 格助詞
  2. 助動詞
  3. 接続助詞

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました