【中学国語】古文の会話の見つけ方のポイントと練習問題

スポンサーリンク

今回は、古典の会話文の抜き出しの練習です。入試では、よく出題される形式の1つです。問題を解きながら、古典の会話文について理解を深めていきましょう。

会話文の抜き出し

古文には、「 」が省略されていることが多いです。その省略されるには、いくつかの決まりがあります。その決まりをおさえておきましょう。

スポンサーリンク

会話の始まり

  • いはく
  • いひけるには
  • いふやう…
  • …して
  • …ば
  • …に

会話の終わり

  • いふ

など

以上のように、【 、「  」と】のように、【テントの法則】といって、のあとから会話が始まり、で会話が終わる形】になっているときが多いです。

さらに、

地の文と文体が異なる

地の文だけに敬語、会話文だけに敬語など、使い分けられています

「侍り」「候ふ」

「侍り」や「候ふ」は、基本的に会話文や手紙文だけに使われています。

実際に練習してみましょう。

古文の会話の見つける練習問題

問題1
次の文章の下線部「稚き童」の会話にあたるのはどの部分か。最初と最後の三字を抜き出しなさい。

<文章>
稚き童、この所の名をききて、羽根といふ所は、鳥の羽根のやうにやあるといふ。

問題2
次の文章には「 」で示したほかにもう一つ会話文がある。それをそのまま抜き出しなさい。

<文章>
大納言法印の召し使ひし乙鶴丸、やすら殿といふ者を知りて、常に行き通ひしに、ある時出でて帰り着たるを、法印、「いづくへ行きつるぞ」と問ひしかば、やすら殿のがりまかりて候と言ふ。

古文の会話の見つける練習問題解答

問題1 最初…羽根と、最後…やある
問題2 やすら殿のがり罷りて候

スポンサーリンク
トップへ戻る